本文へ移動

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)普及目標

株式会社 中野組では2020年度までにZEH普及率を目標50%以上といたします。
2016年度、建築総数9戸。
2017年度
2018年度
2019年度
2020年度
普及目標ZEH率
0%
30%
40%
50%
ZEH実績
0%

具体策

《ZEHの周知・普及に向けた具体策》
・ホームページにZEH特設ページを作成し、ZEHの説明(定義など)を掲載します。
・お客様へ打合せ時に、ZEHのご案内プレゼンし理解していただける様に努力いたします。
・ZEHにすることへのメリット(光熱費の削減など)を明示します。

《ZEHのコストダウンに向けた具体策》
・過剰な性能にならないよう、物件個々に性能値を分析し、最適な仕様にすることで、コストダウンを図ります。
・仕様、設備の規格化を図り、発注メーカーを限定し、仕入れコストの削減を目指します。

《その他の取り組み》
・地域性を活かしたパッシブ設計を取り入れ、自然の光や風を利用した省エネ性を提案します。
・高断熱住宅がもたらす、健康性・快適性・遮音性・安全性といった省エネ以外の便益も提案します。
・社内において、協力業者ともにZEHに関する勉強会を行い、理解を深めます。
TOPへ戻る