本文へ移動

ZEHについて

●ZEHとは?

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により出来る限りの省エネルギーに努め太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、一年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことを言います。
 
経済産業省の定義では、「年間の一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロになる住宅」とされていますが、簡単にいうと「自家発電して自分の消費量をまかなうエコ住宅ちなみに一次エネルギーとは、石油や石炭など燃料エネルギーのことで、ネットゼロとは正味ゼロという意味でエネルギーを全く使わないという意味ではなく消費しているエネルギー量と太陽光発電などによって創出されたエネルギー量が差し引きで概ねゼロ、またはゼロ以下のマイナスになるということです。
 

●政府目標は…

地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題になっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題の位置づけられています。
そこでこれまでの省エネに加え、「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEHの暮らしに注目が集まっています。政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。
 

●ZEHの家を建てるには?

ZEH達成に必要なポイントは断熱・省エネ・創エネ・畜エネです。
 
①断熱:断熱性能を向上して、エネルギーロスを最小限とする住宅を建てましょう。(夏は涼しく、冬は暖かい住宅)②省エネ:家で消費する電力量を減らすために、HEMSや省エネ性の高い機器、照明等を取り付けましょう。③創エネ:家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、太陽光発電でしっかり発電しましょう。>④畜エネ:創エネした電力を貯めて、発電時間以外にも使えるよう蓄電池の利用が望ましいとされています。(※HEMSとは、「Home Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)」の略で、家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムのことです。)
 
◇熱の出入りを考えましょう
・夏に家に入ってくる日射熱の割合
屋根(天井)から約11%・換気から約7%・壁から約8%・窓から約74%
 
夏は大半、窓から熱が入ってきます。
窓から入ってくる熱をいかに防ぐかがポイントです。
また、それぞれの部位で見ると表面積が少ない方が熱の入りが少なくなります。
 
・冬に家から出る熱の割合
屋根(天井)から約5%・換気から約15%・壁から約15%・床(基礎)から約7%・窓から約58%
 
表面積が少ない方が熱の出入りが少なくなります。
窓が最も熱の出入りが大きいところなのでが最大のポイントになります。
 
◇外皮の仕様
外皮」とは建物が外気と接する部分のことを指します
冬は建物の断熱性能を上げて熱が外に逃げにくいよう、夏は日射が室内に入るのを防いで熱が内部に入りにくいように計画します。
  
◇住む人に健康快適
 
断熱住宅のため、温度・湿度管理ができ、結露も防止するため部屋の中のアレルギー物質が少ないのです。
各部屋ごとの温度差も小さいので、ヒートショックの防止にもなります。
 
◇将来的に有利 エネルギー消費について
エネルギー消費は50年弱で3倍に…
電気料金はどんどん上がっていきます。(原材料が高くなるため)
なので、使用量を減らせる住宅は有利なのです。
 
◇なぜ一次エネルギー?
どうして一次エネルギーで評価するのでしょう?
それは、住宅で使用するエネルギーを元のエネルギーに換算して公平に評価するためです。
たとえば、電気は下図のように発電する前の燃料と比較して、4割弱しか家庭には届きません
だから減ってしまう前のエネルギーに換算して他のエネルギーと比較するのです。
 

●ZEHには補助金が交付されます。

◇ZEH普及のための国の施策 
1.経済産業省
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
※ZEH支援事業、予算30億円(平成29年)
 新築のZEHに75万円/棟
2.国土交通省
地域型住宅グリーン化事業」(平成29年)
※高度省エネ型「ゼロ・エネルギー住宅」に165万円/棟
 地域の各グループに支援する制度
 
 
新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し普及を促進しています。2012年から開始し、これまで約8500組※1のお客様が補助金を受けZEH仕様を導入しています。
 
※1⇒経済産業省「ZEHロードマップ検討委員会とえいまとめ」より。
 
◇補助金の対象者は?
 
ZEHを目指すのであれば、新築戸建を建てたい人でも中古住宅のリフォームでも構いません。エネルギー生産量と消費量が概ねゼロの住宅を目指せば、誰でも申請可能です。
 
◇ZEHを作るのに必要なこと
1.プランニング
 エネルギーの無駄がないプラン
2.断熱遮蔽仕様
 エネルギーの無駄を省く仕様
3.使用機器
 エネルギーの使用量が少なくても済む機器
 
◇注意!ZEH補助金の対象商品
ZEHを実現するのはエネルギーの生産と節約の両方が必要ですが、残念ながら生産品には補助金が出ません。具体的には太陽光発電などのエネルギー生産設備、またはエネルギーの計測器は対象外です。
補助金の対象はエネルギーの節約品の購入費のみです。
・断熱の高性能サッシ
・高性能断熱材
・エコな空調設備 
・エコな給湯設備 等…
 
あくまでエネルギー効率をよくする断熱材などの購入に関して、補助金が出ます。
 
※ZEHの適用には別途申請が必要です。
 
 
 
 
 

 
TOPへ戻る